カメラで遊ぼう!スマホ・iPhone写真でもプロ顔負けの写真が撮れる!

スマホでもプロ顔負けの写真が撮れる方法!

【カメラの疑問】WB(ホワイトバランス)はAUTO(オート)と太陽光どちらがいいの??

 
 
この記事を書いている人 - WRITER -
カメラマン つぅ
都築加奈恵(つづき かなえ)1983年大阪府生まれ。 カメラマン 元実業団のソフトボール選手。 主婦、OL、女性起業家、、など 「全ての女性をシンデレラストーリーに導くカメラマン」として、 プロフィール写真やヌード撮影、七五三撮影・セミナー・イベント撮影などポートレート中心の撮影を行う。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。カメラマンのつぅです^^

今回は、WB(ホワイトバランス)についてお話していきたいと思います。

カメラの機能の中にWB(ホワイトバランス)ってものがあります^^

カメラをもっている方なら一度は目にしたことがあるんじゃないでしょうか??

だけど、何をそうしたらいいのか?どうするものなのかさっぱりわからない人も
多いと思いますのでわかりますく簡単にまとめていきたいと思います^^

WB(ホワイトバランス)ってなに??

WB(ホワイトバランス)って、
光の色味に合わせて写真の色味を調整する機能です!

光には色温度ってものがあります!!

例えば、思い浮かべていてほしいんですが、朝のイメージって青っぽい光だったり、夕方のイメージって赤っぽい光だったりしますよね。

そういうものをこのWB(ホワイトバランス)で設定することができます!

カメラの設定の中に下の図のようなマークを見たことがありませんか??

これを実際の状況(あなたが今見ている景色)に合わせて設定していくことによって、自分が今見ている色と同じような色味を調整することができます!!

例えば、電球の下で、白いものを見ると赤味かかって見えませんか?

それは、電球の色味が赤味かかった光だからです。

なので、その状況で、WB(ホワイトバランス)の設定で、電球マークにして撮影すると、
赤味かかった光を除去するために、青味が写真に加わり、実際に見ている色ような自然な色味に変化します。

 

この図の意味はわかりましたか??

電球マークにすると写真に青味が増します。

逆に日陰マークにすると写真に赤味が増します。

この設定を利用して、先ほども紹介したように朝っぽい写真を撮りたい時は電球マークにしてみたり、
夕方の雰囲気を出したい時には、日陰マークに設定して、赤味を強調した写真を撮ることができるのです!!^^

天気に合わすのではなく、自分が欲しい色合いでWB(ホワイトバランス)を設定する

実際に見たまんまの写真を撮りたい場合、WB(ホワイトバランス)はその時の天気や実際の光具合によって設定します。

実際にあなたが見ている光の色を頼りに、どの設定にすると、あなたが見たままの写真が撮れるのか、考えなければいけません。

太陽の光一つとっても、日の出の頃の色と日の入りの頃の色は、赤いオレンジ系の色をしていますが、日が昇るにつれて青味かかってきますよね。

ということは、その時その状況に合わせて、自分で、電球マークにしてみたり、日陰マークにしてみたりして、色味を見て覚えることです。

また、太陽の光が直接当たる場所と、日の当たらない影になっている場所では、光の量や色味の違いがあるので、そこでもまた設定を変える必要があります。

日の当たらない場所では青味かかってきます。

なので、単純に「太陽が出てるからここは太陽マークだな!」と思って撮っていると自分が思ったような写真が撮れないのです。

ここが「電球だから電球マークで!」とか「日陰だから日陰マークで!」と、単純に合わせるのではなく、「撮りたいものが、どんな状態なのか?」によって、マークを使いわけたほうが、実際にあなたが見ている景色と同じ景色の写真が撮れるようになります。

いつもWB(ホワイトバランス)はAOTO(オート)でしか撮っていない

最近のカメラは機能が良いのでカメラマンの間でもほとんどAUTO(オート)で撮っている人が多いです。

下手に自分で合わせるよりもカメラの性能に任せたほうが楽ですからね^^

RAW(ロー)で撮っているとなおさらAUTO(オート)機能で問題ありません。RAW(ロー)の話はまた別の記事で書きます。

実際に見たままを再現したいのであれば、自分で細かく設定を変えるといいです。

しかし、実際に見たまま撮ることが写真の正解というわけでもなく、自分が欲しい色味、雰囲気を再現するために、
例えば、夕方の赤っぽさを写したい場合は、日陰マークにして撮ってみて赤味を強調してみたり、逆に昼間なのに朝っぽさを出すために青味を強調すればそのような雰囲気を出すことができます。

あなたの欲しい色味に合わせて、自分で細かい調整ができるようになると、あなたの写真の幅も広がり、表現できることも増えていきます。

 

 

【無料】スマホでも

プロ顔負けの写真が撮れるようになる方法!!


は、スマホ一台で
一眼レフで撮影したような
プロ顔負けの写真が撮影できてしまう
ことを
ご存知でしょうか??

写真の知識がゼロの主婦から
ガラケーしか触ったことがない
機械音痴の61歳
の受講生が

周りから賞賛の嵐が殺到するほどの
感動的な写真
が撮れるようになった

マル秘撮影術
今だけ完全無料公開!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
カメラマン つぅ
都築加奈恵(つづき かなえ)1983年大阪府生まれ。 カメラマン 元実業団のソフトボール選手。 主婦、OL、女性起業家、、など 「全ての女性をシンデレラストーリーに導くカメラマン」として、 プロフィール写真やヌード撮影、七五三撮影・セミナー・イベント撮影などポートレート中心の撮影を行う。
詳しいプロフィールはこちら

コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Copyright© カメラマン つぅ , 2018 All Rights Reserved.