カメラで遊ぼう!スマホ・iPhone写真でもプロ顔負けの写真が撮れる!

スマホでもプロ顔負けの写真が撮れる方法!

撮影技術が80%UPする!親指オートフォーカス(親指AF)でピントを合わせる方法

 
  2018/06/05
 
この記事を書いている人 - WRITER -
カメラマン つぅ
都築加奈恵(つづき かなえ)1983年大阪府生まれ。 カメラマン 元実業団のソフトボール選手。 主婦、OL、女性起業家、、など 「全ての女性をシンデレラストーリーに導くカメラマン」として、 プロフィール写真やヌード撮影、七五三撮影・セミナー・イベント撮影などポートレート中心の撮影を行う。
詳しいプロフィールはこちら

どうも。カメラマンのつぅです(´m`)

今回は、親指オートフォーカス(親指AF)について、お話します。

 

え??親指オートフォーカス??何それ美味しいの??と言う方も多いかと思いますが、このテクニックを身につけると、本当にいいことがたくさんあるので、是非是非、最後まで読んでいってね〜〜(´m`)♪

 

親指オートフォーカスとは??

ちょっとその前に、オートフォーカスってなんぞや??って人は、こちらも合わせて読んでくださいね♪

オートフォーカス=自動でピントを合わせてくれる機能のことですが、この機能がですね。

通常のシャッターの切り方

通常だと、

  1. 人差し指で半押しして
  2. ピントを合わせて、
  3. 全押しして撮る。

って言うが一連の流れですよね。

↓通常のシャッターボタンは ONOFFの銀色の丸いボタン。↓

今、一眼レフを持っている人は、ほとんど、みんなこんな風に撮っていると思います!

もしくは、この方法を知る前の私はですね、

  1. 半押しして、
  2. ピントを合わせて、
  3. 合ったところで親指でAFロックして
  4. 構図を変えて
  5. シャッターを切る

ってことをしていたんですが、それよりもっと楽に簡単に撮れる方法があったんですね!!

↓親指でロックするのが、AEーL AFーL って書いてる丸いボタン。

親指オートフォーカスの設定の仕方

ふふふ、ここからついに、親指オートフォーカスの設定方法です。

まず、カスタムメニュー→F操作 ってところにカーソルを合わせてます。

F操作→AE/AFロックボタンの機能 ってところにカーソルを合わせてます。

そして、 AF-ONってところでボタンを押してください!

これで設定完了!!!

ではでは、さっさく、ファインダーをのぞいて、AE-L AF-Lボタンを押して見てください!

わぁおおおおお(´m`)❤

ピントが合うのがわかるかと思います。

そうです。その状態で、シャッターを切ることができます♪

しかも、ピントを合わせたら、そこでロックさせているので、親指を離してもOK!(´m`)❤

その状態で構図を作って、シャッターを押すことができます♪

なんて便利なんだ〜〜〜(´m`)と思った方も多いはず♪

とても簡単で、しかも超便利なので、是非是非、設定して見てください♪

それと同時に、もう一つ説明が必要なんですが・・・

撮影直後の画面確認のON OFFの設定

撮影した直後にライブビュー画面で、写真を確認するために、ONにしてる人も多いかと思います。

もちろん、私もそのうちの一人です。

そこでなんですが、この親指AFを設定すると、一回シャッター切りますよね。

すると、画面にすぐ撮った写真が表示されます。

で、そのままAF-L AE-L のボタンを押して、連続撮影しようとすると、

こんな風になります。↓↓↓

プロテクトを設定しました。

これは、プロテクト設定をすると、この写真を削除できなくする設定なんですね。

これが作動するので、連続で撮影することが出来ません・・・泣

これを解除するには、もう一度、AE-L AF-L ボタンを押すと、解除出来ます。

連続で撮影するためには??

一回撮影したら、シャッターボタンを半押しすると、次の撮影をすることが出来ます。

ちょっとめんどくさいかもしれませんが、

  1. シャッター押したら、
  2. 半押しして、
  3. AE-L AF-Lボタンを押して
  4. ピントを合わせて
  5. シャッターを切る

この順番で撮影すると、スムーズに次の撮影をすることが出来ます。

これがとっても面倒に感じる人は、撮影直後の画像確認をOFFにしましょう。

撮影直後の画像確認の設定方法

ここを「しない」に設定する↓↓↓

そうすると、撮影直後の写真が画面に表示されないので、どんどん撮影することが出来ます。

まとめ・・・

 

いかがでしょうか??この親指AF、プロのカメラマンならほとんどの人が利用してます。

それだけ利用価値が高いっていうことでしょうね。

人差し指の微妙な力で半押しするよりも、親指で設定した方が楽ですし、構図を作るのも楽ですよね。

たった1秒、されど1秒、特に写真は瞬間が勝負!!

私は、できるだけ自分の意識というか、エネルギーというか、そういう物を、設定で省けるなら省いて、自分が撮りたい瞬間を撮れるように準備しておきたいので、この方法を利用しています。

この方法をぜひマスターしてもらって、徹底的瞬間を逃さないようにいい写真を撮って行きましょう!(b゚v`*)


 

【無料】スマホでも

プロ顔負けの写真が撮れるようになる方法!!


は、スマホ一台で
一眼レフで撮影したような
プロ顔負けの写真が撮影できてしまう
ことを
ご存知でしょうか??

写真の知識がゼロの主婦から
ガラケーしか触ったことがない
機械音痴の61歳
の受講生が

周りから賞賛の嵐が殺到するほどの
感動的な写真
が撮れるようになった

マル秘撮影術
今だけ完全無料公開!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
カメラマン つぅ
都築加奈恵(つづき かなえ)1983年大阪府生まれ。 カメラマン 元実業団のソフトボール選手。 主婦、OL、女性起業家、、など 「全ての女性をシンデレラストーリーに導くカメラマン」として、 プロフィール写真やヌード撮影、七五三撮影・セミナー・イベント撮影などポートレート中心の撮影を行う。
詳しいプロフィールはこちら

コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Copyright© カメラマン つぅ , 2018 All Rights Reserved.