カメラで遊ぼう!スマホ・iPhone写真でもプロ顔負けの写真が撮れる!

一眼レフデビューを応援!カメラの教科書はこちら!

SS(シャッタースピード)とF値(絞り)の関係をめちゃくちゃわかりやすく説明してみた!

 
 
この記事を書いている人 - WRITER -
カメラマン つぅ
都築加奈恵(つづき かなえ)1983年大阪府生まれ。 カメラマン 元実業団のソフトボール選手。 主婦、OL、女性起業家、、など 「全ての女性をシンデレラストーリーに導くカメラマン」として、 プロフィール写真やヌード撮影、七五三撮影・セミナー・イベント撮影などポートレート中心の撮影を行う。
詳しいプロフィールはこちら

どうも。一瞬で魅力を引き出すカメラ@つぅです。

 

にゃーご

SS(シャッタースピード)とかISOとか、F値(絞り)を自分で設定できるようになると、具体的にどんな写真が撮れるようになるんだにゃ〜〜??特に、変化がないなら、わざわざ難しいM(マニュアル)撮影なんて覚えるのめんどくさいにゃ〜〜。

 

つぅ

 

そうだね!確かに変化がないのに、わざわざ覚えたくないよね。

 

でも、設定を変えられるようになると、オートモードでは撮ることのできない写真が撮れるようになるよ!

 

これが一眼レフを買った人の楽しみの一つ!せっかく高いお金を出してゲットしたなら、挑戦してみましょう!

 

簡単にできることだから、自分のペースで覚えて行こうね!

 

・・・・ということで、

ISO、F値(絞り)、SS(シャッタースピード)の関係性ってめちゃくちゃ難しい!と思っていませんか?

 

確かに、聞きなれない言葉なので、「難しそう・・・」という意識があると思うんですが、一つ一つの意味を完璧にマスターしなくても、大丈夫!

 

今回は、シャッタースピードを変えるとこんなステキな写真が撮れるようになるよ!って話をして行きたいと思います。

 

SS(シャッタースピード)の特徴

 

シャッタースピードを速くすると、一瞬を切り取ることができます。

 

だけど、シャッタースピードが速いので、光も一瞬しか入ってこないため暗い写真になりやすいのです。

 

 

シャッタースピードを遅くすると、シャッターが開いている間、ずっと撮っていることになります。

 

なので、シャッターが開いている間、光をたくさん取り込むことができます。

 

 

こんな風にシャッタースピード一つで撮れる写真が変わって来ます。

 

では実際に、同じ場面で、シャッタースピードを変えた写真をみて行きましょう!

 

SS(シャッタースピード)を変えた写真

 

1.SS(シャッタースピード)4000 F値 2.8

 

 

人間の目では見れない世界。水のつぶが止まって見える。

 

シャッターがめちゃくちゃ早いので、一瞬を撮ることができる。

 

2.SS(シャッタースピード)1000 F値 2.8

 

 

これも水しぶきが止まって見えます。

1枚目よりもシャッタースピードが遅くなったので明るい写真になっています。

 

3.SS(シャッタースピード)1/125 F値 5

 

 

水の動きがわかりずらい。どんどん白っぽくなってる。

 

4.SS(シャッタースピード)1/80 F値 8

 

 

5.SS(シャッタースピード)1/10 F値 22

 

ここまでくると、水が線みたいに見えてキレイですね!

 

最後に1枚目と5枚目を並べて見ます。

 

ISO 100 SS  1/4000  F 2.8


ISO 100 SS 1/10   F 22


このように同じ場面でも、シャッタースピードとF値を変えるだけで、全然雰囲気の違う写真が撮れるようになります。

 

SS(シャッタースピード)を使いこなそう!

 

シャッタースピードを変えると、こんな風に撮れる写真が変わることは頭ではわかったと思います。

 

じゃあ、「自分がカメラを撮る時はどうしたいいんだろ!?」って思っていませんか?

 

はい。安心してください。そんなあなたのためにちょー簡単に説明したいと思います。

SS(シャッタースピード)を意識したカメラを設定する際の簡単3ステップ

 

1.被写体は動いているものか?止まっているものか?

 

まずは、撮りたい対象物(被写体)が 外で遊ぶ子供とか、運動会とか、そういう場面だと、シャッタースピードは速く設定する必要があります。

 

逆に、お花や食べ物を撮る時にはシャッタースピードを遅くすることができますね。

 

今から撮る対象物がどんなものなのか、考えます。

 

2.どれぐらいのシャッタースピードで写真を撮ることができるのか考える

 

実際に、動いているものを撮る時に1000とか2000とか色々設定してみて、自分が使いこなせる速さに合わせます。

 

止まっているものを撮る時も100とか60とか色々試してみて、自分の手ブレとか大丈夫か見ながら設定します。

 

このあたりは本当に自分次第です。誰とも比べる必要もないので、自分の撮りやすい数字に設定してOK!

 

3.次に、ISOやF値を設定する

 

できれば、ISOは、100(一番少ない数字)に合わせたいところですが、自分のシャッタースピードに合わせてOK!

 

F値も、ボケ感にすごく影響しますが、写真全体の雰囲気に合わせて設定するといいですね!

SS(シャッタースピード)とF値(絞り)の関係を覚えよう

 

上記の写真でも、SS(シャッタースピード)が速い(1/4000)と、F値(絞り)は、開放へ。(2.8)

SS(シャッタースピード)が遅い(1/10)と、F値(絞り)は、絞りへ。(22)

という関係になっているのがわかります。

 

難しく考えないで、最初は、SS(シャッタースピード)が速くする場合は、F値は小さい数字にして、

 

SS(シャッタースピード)を遅くする場合は、F値を大きい数字にする。

 

という単純な感じで覚えてもらってOKです!

 

実際にいろんな写真を撮ってみた!

 

SS(シャッタースピード)を遅くした場合の写真

 

こんな風に夜景写真はシャッタースピードをできるだけ遅くして、光をたくさん取り込むようにしています。

 

シャッタースピードを速くした場合の写真

 

 

こんな風に一瞬を切り取る写真は、SS(シャッタースピード)を速くします!

 

まとめ

 

SS(シャッタースピード)を被写体に合わせて設定できるよになると、自動モードとは一味違う写真が撮れるようになりますよ!

 

もちろん、SS(シャッタースピード)がいじれるようになると写真がもっと楽しくなるのは間違いなし!!

 

早速、カメラを持って、SS(シャッタースピード)をいじってみましょう♪

 

まだまだあなたの知らないカメラの世界が待ってますよ〜♪

 

【無料】スマホでも

プロ顔負けの写真が撮れるようになる方法!!


は、スマホ一台で
一眼レフで撮影したような
プロ顔負けの写真が撮影できてしまう
ことを
ご存知でしょうか??

写真の知識がゼロの主婦から
ガラケーしか触ったことがない
機械音痴の61歳
の受講生が

周りから賞賛の嵐が殺到するほどの
感動的な写真
が撮れるようになった

マル秘撮影術
今だけ完全無料公開!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
カメラマン つぅ
都築加奈恵(つづき かなえ)1983年大阪府生まれ。 カメラマン 元実業団のソフトボール選手。 主婦、OL、女性起業家、、など 「全ての女性をシンデレラストーリーに導くカメラマン」として、 プロフィール写真やヌード撮影、七五三撮影・セミナー・イベント撮影などポートレート中心の撮影を行う。
詳しいプロフィールはこちら

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 一瞬で魅力を引き出すカメラマン つぅ , 2018 All Rights Reserved.