カメラで遊ぼう!スマホ・iPhone写真でもプロ顔負けの写真が撮れる!

一眼レフデビューを応援!カメラの教科書はこちら!

写真写りが苦手で、写真が嫌いなあなたへ・・・

 
  2018/08/04
 
この記事を書いている人 - WRITER -
カメラマン つぅ
都築加奈恵(つづき かなえ)1983年大阪府生まれ。 カメラマン 元実業団のソフトボール選手。 主婦、OL、女性起業家、、など 「全ての女性をシンデレラストーリーに導くカメラマン」として、 プロフィール写真やヌード撮影、七五三撮影・セミナー・イベント撮影などポートレート中心の撮影を行う。
詳しいプロフィールはこちら

どうも〜〜。

水撒き大好き。

カメラマンのつぅです。(@tsuu61

 

写真撮影をするようになって、

 

  • 写真写りが悪いから写真嫌いなんです
  • 写真に写っている自分を見るのが恥ずかしい
  • 写真に写る自分が本当に嫌い

 

など

 

写真に写るのが苦手・嫌いという人にいっぱい出会ってきました。

 

写真に写るのって恥ずかしいですよね。

 

実は、私も昔は写真を撮られるのが苦手だったのでよくわかります。

 

カメラと出会う前は写真に写ることが嫌いで、集合写真とか隠れて写らないようにしていました。笑笑笑

 

隠れても映るっちゅうねん!

 

写真に写る自分の顔がとにかく嫌い。めっちゃブサイクに見えるんです!ムスッとしてね。

 

そんな私がある時、仕事でプロフィール写真が必要になり、プロのカメラマンに撮影してもらうことになりました。

 

内心ビクビクしていたのですが、出来上がってきた写真をみてびっくり!

 

「めっちゃいい!!!!」ヽ(・∀・)ノ

 

この出来事がきっかけで写真嫌いをあっさり克服してしまったのです。笑

 

それぐらい当時の私にとっては、驚きの体験でした。

 

さらに、写真が好きになると全く想像していなかった効果を発見しました。

 

今回は、写真写りが悪い本当の理由と解決法をお話していきます。

写真写りが悪い・写真が嫌いだと思うことをやめてみる

私はこれまでたくさんの人を撮影してきて本当にみんな素敵だな・魅力的だなぁと思います。

 

撮る側はそう思うのですが、残念なことに中には写真映りが悪い・写真が嫌いと思っている人もいます。

 

そんな人たちに共通する4つのポイント

 

自分で写真写りが悪いと感じている人は、

 

  • 自分はかっこよくないと思っている
  • 自分には魅力がないと思ってる
  • 自分のダメなところにばかり目がいく
  • 自分を否定してしまっている

 

この状態だとどんな写真を見ても“ダメな自分”ばかりが見えてしまいます・・・

 

あなたもこんな経験はありませんか??

 

周りの人は「いい写真」だと言ってくれるのに、自分だけはいい写真に見えない・・・

お客様

そこで質問なんですが、

 

  • 自分のどこが嫌いなのか?
  • 自分の顔がもう少しどうなっていたらいいのか?

 

具体的に考えてみてください。

 

  • 整形しないといけないレベルの話なのか?
  • 角度とかメイクで変えられるのか?
  • カメラマンの腕が悪いのか?

 

写真写りが悪い・写真が苦手だと思っている具体的な理由を考えてみてください。

 

そして、出てきた答えの中で一歩踏み出せそうなもの、自分で解決できそうなものは解決してみましょう。

写真嫌いを克服する2ステップ

そんな写真嫌いを克服するための第一歩は、写真嫌いを受け入れる→写真嫌いを認める→写真嫌いを許す→写真を嫌っている自分を愛する。

 

1.否定している自分を受け入れる

 

  • 自分のことをかっこよくないと思っている自分を受け入れる
  • 写真写りが悪いと思っている自分を受け入れる
  • 自分の顔が嫌いだと思っている自分を受け入れる
  • 自分のことをブスだと思っている自分を受け入れる

 

まずは、自分を客観視する。

 

そして、それができたら、

 

2.「写真写りが悪い」のは「悪いこと」「だめなこと」と思っているのをやめる

 

ただ、「写真写りが悪い」 という事実だけを認識する。(←これが本当に事実かどうかわかりませんが、とりあえず自分の中の事実を事実としておきます。)

 

そこに「良い」「悪い」の判断は入れない。

 

ただ事実を見るようにしてください。

 

3.本当に事実なのか確認する

 

  • 自分の顔が本当に本当に嫌いなのか?
  • 自分の写真写りが本当に悪いのか?
  • 自分は本当に可愛くないのか?

 

もしかすると、この時点で「よく考えてみたらそんなことないかも??」と思える人も出てきてるかもしれませんね。

 

4.あなたの孫の孫の孫の孫があなたと同じことで悩んでいたらなんと声をかけますか?

 

あなたが天国からあなたの孫の孫の孫の孫が、あなたと同じようなことで悩んでいたらなんと声をかけますか??

 

想像してみてください。

 

考えてみてください。

 

 

きっとあなたの先祖も同じようにあなたに声をかけてくれていると思いますよ。

 

自分のことを好きになる2ステップ

①自分は魅力的だと思い込む

 

最初は難しいかもしれませんが、「私の魅力ってどこだろう?」と探すつもりで写真を見てみるとそれだけで気持ちが前向き変わってきます。

 

嫌だなと思った写真も、だんだんと見方が変わっていきます。

 

②自分の写真は3秒眺める

 

写真に写る顔はいつもの自分と違う顔で写るため、違う顔=写真写りが悪いと思っているのかもしれません。

 

いつもの顔は鏡で見ている顔です。

 

鏡は逆に写ります。

 

鏡の中の顔に慣れているので、写真に写った顔に違和感を感じるものなのです。

 

それに鏡の前では無意識に顔を作っていることもありますよね。笑

 

なので、写真はいつもの顔ではないのが当たり前で、ただ見慣れてないだけの可能性もあります。

 

まずは写真の自分を見慣れるのも大事なポイントです。

 

写真写りが良くなる6つのポイント

 

どんなに魅力的な自分でも魅力が半減してしまうような写り方をしてしまうのは勿体無い。

 

どのようにしたらもっと魅力を生かした写り方ができるのかそのポイントを5つ紹介します。

 

① 顔をリラックスさせる

写真が嫌いな人は、写真を撮る瞬間に顔がこわばってしまってることが多いです。

 

写真を撮る前に、顔のパーツを中心に寄せる気持ちでグッと力を入れて、一気に解放します。

 

これを何度かやるとこわばりが取れていきます。

 

ただ場所によっては変な人に見られてしまうので、注意してくださいね。笑

 

② 顔に光が当たりすぎていたり、影が出来ていないか確認する

 

外で撮影する場合や、窓の近くで撮影する場合は、光の当たり方によって、顔の見え方が違います。

 

  • 光が当たりすぎると白くなったり、
  • 影の部分だと自分だけ暗くなってしまう。

 

ということがあります。

 

撮る前に光がちょうどよく当たる場所を探して写真を写りましょう。

 

③ 姿勢を整える

猫背や首が前に出過ぎていたりする不自然な姿勢は魅力を半減してしまいます。

 

  • 自分の姿勢を鏡で見たり、
  • 二重アゴになっていないかなど、

 

チェックをしてみましょう。

 

姿勢は長年の癖でもあるので、簡単には治らないもの。

 

専門家の指導を受けるのも1つです。

④ 利き顔を知る

顔は左右で形が違います。

 

表情は、

 

  • 右側は建前で、
  • 左側が本音が出るという

 

話を聞いたこともありませんか?

 

それくらい左右で形が違うものなので、撮影も右から撮るか左から撮るかによって、写る顔が変わってくるのです。

 

自分はどっちから撮った方がよく写るか知っていると、とっさの写真撮影にも対応できますよ!

 

どちらの顔の方が好みか知るためには、たくさん写真を撮ることが重要です。

 

なかなか撮られる機会がない方は、まずは自撮りでいろんな角度で撮影してみてください。

 

きっとお気に入りの向きや角度が見つかりますよ♪

 

⑤ レンズから目線を外す

 

写真写りが悪い人の中には、レンズをよく見すぎてしまう人がいます。

 

特に複数で撮る集合写真などは、無意識でレンズをガン見しまいがちです。

 

それも間違いではありませんが、レンズを見過ぎると、こわい印象を与えてしまうことがあります。

 

少しレンズから目線を外し、少し上を見るようにしましょう。

 

より自然で柔らかい良い表情が撮れますよ♪

 

写真写りが良くなると出る良い副作用とは?

昔、写真写りが悪く嫌いだった私が、今では撮られることがとても好きになりました。

 

写真写りが変わってくると、いろいろ副作用で良い効果があります。

 

①自分を好きになれて、自信が持てる

 

写真写りに自信がない状態は、「こんな自分はダメだ」と自己否定をしている状態と同じです。

 

昔の私は、写真を見ては、

 

  • 髪型がヘン
  • もう少し目が大きかったら・・・

 

など

 

嫌いなところばかり目について、落ち込んでいました。

 

それが写真写りに自信が持てるようになると、「こんな自分もありかな」と少しずつ嫌なところが気にならなくなっていったのです。

 

自分を肯定し、自分を好きになり始めている証拠です。

 

自分を好きになると、他で失敗した時や傷ついた時でも、立ち直りが早くなりいろいろなことにチャレンジできるようになります。

 

②人とのコミュニケーションがうまくいくようになった

 

facebookやtwitter、Instagramなど昔より、写真の印象がその人の印象を決定づけることが多くなりました。

 

自分に自信がない時の写真と、自信がある時の写真では、人に与える印象も大きく違います。

 

自信がある写真の方が、もちろん人の印象もいいし、初めてあった人でも上手くコミュニケーションがとれるようになりました。

 

③仕事や恋愛うまく行き始める

自信があって生き生きしている人は、いいエネルギーを出してます。

 

自分に自信が付いてくると、だんだんキレイになるということを見たり経験したことがあるかと思いますが、それはプラスのエネルギーを出しているからです。

 

またその逆も然りで、外見がキレイで自信がついてくると、これもいいエネルギーが出るので、仕事や恋愛も思い通りに回って行くのです。

 

もう写真撮影は怖くない!写真撮影をどんどん楽しもう

 

写真写りが良くなると、写真撮影が怖くなくなるばかりではなく、

 

  • 自信がついたり、
  • 笑顔が増えたり、
  • 毎日が楽しくなるような力を持っています。

 

ぜひ自分の写真写りを見直して、もっと楽しい写真ライフを送りましょう。

 

【無料】スマホでも

プロ顔負けの写真が撮れるようになる方法!!


は、スマホ一台で
一眼レフで撮影したような
プロ顔負けの写真が撮影できてしまう
ことを
ご存知でしょうか??

写真の知識がゼロの主婦から
ガラケーしか触ったことがない
機械音痴の61歳
の受講生が

周りから賞賛の嵐が殺到するほどの
感動的な写真
が撮れるようになった

マル秘撮影術
今だけ完全無料公開!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
カメラマン つぅ
都築加奈恵(つづき かなえ)1983年大阪府生まれ。 カメラマン 元実業団のソフトボール選手。 主婦、OL、女性起業家、、など 「全ての女性をシンデレラストーリーに導くカメラマン」として、 プロフィール写真やヌード撮影、七五三撮影・セミナー・イベント撮影などポートレート中心の撮影を行う。
詳しいプロフィールはこちら

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© プロフィール写真家 つぅ  , 2018 All Rights Reserved.