カメラで遊ぼう!スマホ・iPhone写真でもプロ顔負けの写真が撮れる!

一眼レフデビューを応援!カメラの教科書はこちら!

カメラ初心者に伝えたい!写真が最短でうまくなる5つのステップ

 
  2018/07/23
 
この記事を書いている人 - WRITER -
カメラマン つぅ
都築加奈恵(つづき かなえ)1983年大阪府生まれ。 カメラマン 元実業団のソフトボール選手。 主婦、OL、女性起業家、、など 「全ての女性をシンデレラストーリーに導くカメラマン」として、 プロフィール写真やヌード撮影、七五三撮影・セミナー・イベント撮影などポートレート中心の撮影を行う。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。

カメラマンのつぅです。(@tsuu61

 

写真はうまくなりたいけど、覚えることが多そうでなかなか手が出ないなぁ・・・

こんな風に思っていませんか?

 

私もカメラを買う前は、

絶対自分では扱えへん・・・

とかなり拒否していました。笑

 

なぜ、「カメラってむずかしそう・・・」って思っちゃうんでしょうか?

 

それは、

  • カメラの機能が複雑そう
  • 扱える自信がない
  • 値段も高い

からじゃないでしょうか?

 

でも、実際にカメラをはじめて見ると、写真がうまくなるに必要なことってそんなに多くありませんでした。

 

ちょっとのコツとポイントで「いい写真」って撮れます(´m`)

 

今回は、写真がうまくなるための大事なポイントをぎゅっとまとめて5個お伝えしようと思います。

 

 

写真がうまくなる5つのステップ

 

【1】写真を好きになる

 

大前提に「カメラが好き」って気持ちがないとそもそも続きません。

 

誰に言われるわけでもなく写真を撮っちゃう。

 

そんな感じでカメラを常に動かす自分であること。

 

これが一番大事なこと。

 

【好きこそものの上手なれ!】

 

私は、みんなで遊んでいる時も、遊びそのものよりもその姿を写真を撮る方が好きです。

 

キレイな景色を目の前にしたら、写真を撮りたくて撮りたくてうずうずして来ます。

 

美味しそうな料理が出て来た時もまずは「写真」が撮りたい!

 

何よりも、「撮りたい」という気持ちが自然と湧き上がってしまうのです。

 

それぐらい写真が好きです。^^

 

没頭してしまうぐらい「好き」って気持ちがあればあとは大抵のことはクリアできます!

 

 

【2】最低限自分のカメラを、理解する

 

自分が使っているカメラをよく知ることです。

 

カメラの機能を知るには確かに面倒な説明書を読まないといけません。

 

それが面倒なんだよな・・・

 

確かにその気持ち痛いほどわかります。

 

私も説明書は読めません・・・

じゃあどうしたらいいのか?

 

一つは、カメラを知っている人にきく!

 

当たり前ですが、それが一番的確で早いです。

 

自分が知りたいところをピンポイントで教えてくれますからね。

 

ですが、今回お伝えしたいのは自分で解決するこちらの方法。

 

今は、説明書の他にも、ユーチューブやブログや本でもカメラの機能をわかりやすく紹介してくれているのがたくさんあります。

 

説明書は読めないけど、ユーチューブなら見れる!って人も多いはずです。

 

本当にたくさんの人がカメラの使い方を動画で紹介してくれているのでぜひそういうものを利用してみてください!

 

自分のカメラの機能を知ることもいい写真が撮れる第一歩です。

 

【3】ISO・絞り・シャッタースピードを覚える

 

これが一番最初の難関ですね。

 

ですが、とりあえずはオート機能でOK!(b゚v`*)

 

一眼レフの場合は絞り・シャッタースピード・ISOの3つの関係を覚えることが大事ですが、覚えてしまえばなんてことありません。

 

本当にここだけちょっと経験が必要ですが、撮っていればだんだんコツを掴んでいきます。

 

死ぬほど難しいものではないので、慣れるまではオート機能、慣れてきたらマニュアル機能に挑戦する。

 

という感じでOK。

 

ちなみに詳しいISOの記事はこちらに書いています。

知りたくなったらでいいので合わせて読んでみてください(b゚v`*)

↓↓↓

 

【4】自分の好きな被写体とテーマを見つける

 

ここが私がすごくお伝えしたい部分です!

 

私も一眼レフを持ち始めたとき、何を撮ろうかドキドキワクワクしていました。

 

家の近くの何気ない風景から、わざわざ観光地に写真を撮りに行ってみたり、友達や友達の子供、赤ちゃんを撮ったりしました。

 

色々撮ってみた結果、私の撮りたい被写体とテーマがだんだんわかって来たのです。

 

これってなんでも同じですよね。

 

いろんな仕事についてみて、自分に本当に向いている仕事がわかります。

 

自分の「好き」や「得意」がわかってくるともっと写真が楽しくなります!

 

自分が好きなものを撮ってそれをどうキレイに見せるように撮るのか?

など、

試行錯誤している時間は本当に楽しく、あっという間に過ぎていく、まさに夢中な時間です。

 

  • 自分だけのオリジナルな写真。
  • 自分の色が出てくる写真。

 

そんな写真が撮れたら自分自身も最高だし、みんなにも「いいね」と言ってもらえる写真につながります。

 

自分もそして人も喜ぶ写真。

 

そんな写真を目指して、試行錯誤している時間が本当に幸せですよ(´m`)

 

【5】他のアートを見て、インスピレーションをもらおう

 

「いろんな人の写真を見る」って本当に勉強になります。

 

だけど、今回はそれ以上にもっといい方法をお伝えします。

 

それは、他のアート、美術品にも積極的に触れることです。

 

いろんな作品をみることで、自分だったら思いつかないような構図を思いついたり、パッと面白いアイディアが浮かんで来たりします。

 

色合い空間の使い方など、他のことから学べることって本当にたくさんあります。

 

いい写真を撮るためには、自分の心が豊かでないとシャッターチャンスに気づくことができません。

 

感受性を高める意味でも、いろんなものに触れることってすごく大事なことです。

 

追記 ➕1 批判にも耳を傾ける

 

最後にとってもとっても大事なこと。

 

あんまりみんなやりたがらないからこそやると「差」がでること。

 

それは「批判にも耳を傾ける」ということです。

 

どういうことかというと、

 

  • 自分より写真が上手い人。
  • 自分よりも経験がある人。
  • 自分よりも別の知識をたくさん持っている人。

 

に写真を見てもらって感想やアドバイスをもらうこと。

 

私も写真をSNSにUPし始めた頃、だんだんみんなから褒めてもらえるようになっていい気分になっていました。

 

自分の写真が気に入ってもらえてすごく嬉しかったのです。

 

でも、このまま調子に乗っていても写真は上手くなりません。

 

そうではなくて、自分よりもうまい写真を撮っている人に写真を見てもらって、

 

  • どう変えたらもっとよくなると思うのか?
  • いつもどう撮っているのか?

 

など話を聞くのがものすごく大事。

 

話を聞いてみると、自分の想像を超えた答えやアイディアをもらえることがあります。

 

もしかすると自分が撮った写真を自分より上手い人に見てもらうことって、ダメ出しされるみたいで、嫌な感じがするかもしれません。

 

でも、自分と同じぐらいか、もしくは、写真に興味がない人に見せて、「いいね」と言ってもらえたところで、上達にはつながりませんよね。

 

ちょっと勇気を持って、自分よりも上手い人に写真を評価してもらってください。

 

最初は勇気がいるかもしれませんが、意外にアドバイスをもらってみると改善点が明確になって成長できます。

 

結果、今よりもっとたくさんの人に喜ばれる写真が撮れるようになります。

 

成長するには、自分よりレベルの高い人の中に入ること。

 

周りをみて自分よりすごい人がいないというは自分の成長が止まっているということです。

 

まとめ

 

「いい写真」を撮るためには、

 

  • 写真を好きなる!
  • 最低限のカメラの機能を覚える!
  • 写真を撮る!
  • 自分の好きな被写体やテーマを知る!
  • 感受性を豊かにする!
  • 自分よりうまい人に写真を見てもらう

 

本当にこれだけです。

 

カメラを持って、人生を楽しんでいれば必ずいい写真って撮れます。

 

テクニックやノウハウよりも数倍こっちの方が大事!!

 

カメラを始めれば本当に人生が豊かになります!

 

もし、カメラをやろうか迷っているなら絶対にオススメします(b゚v`*)

 

一緒にカメラ楽しみましょうヽ(・∀・)ノ

 

【無料】スマホでも

プロ顔負けの写真が撮れるようになる方法!!


は、スマホ一台で
一眼レフで撮影したような
プロ顔負けの写真が撮影できてしまう
ことを
ご存知でしょうか??

写真の知識がゼロの主婦から
ガラケーしか触ったことがない
機械音痴の61歳
の受講生が

周りから賞賛の嵐が殺到するほどの
感動的な写真
が撮れるようになった

マル秘撮影術
今だけ完全無料公開!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
カメラマン つぅ
都築加奈恵(つづき かなえ)1983年大阪府生まれ。 カメラマン 元実業団のソフトボール選手。 主婦、OL、女性起業家、、など 「全ての女性をシンデレラストーリーに導くカメラマン」として、 プロフィール写真やヌード撮影、七五三撮影・セミナー・イベント撮影などポートレート中心の撮影を行う。
詳しいプロフィールはこちら

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© プロフィール写真家 つぅ  , 2018 All Rights Reserved.