カメラで遊ぼう!スマホ・iPhone写真でもプロ顔負けの写真が撮れる!

スマホでもプロ顔負けの写真が撮れる方法!

写真を加工する前に必ずやっておくべきテクニック

 
  2018/06/15
 
この記事を書いている人 - WRITER -
カメラマン つぅ
都築加奈恵(つづき かなえ)1983年大阪府生まれ。 カメラマン 元実業団のソフトボール選手。 主婦、OL、女性起業家、、など 「全ての女性をシンデレラストーリーに導くカメラマン」として、 プロフィール写真やヌード撮影、七五三撮影・セミナー・イベント撮影などポートレート中心の撮影を行う。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。プロカメラマンのつぅです。

 

あなたもご存じの通り、いまは、たくさんのアプリがあって、多少ミスした写真を撮ってもあとから、

 

  • 不要なものを消したり
  • もっと盛ってみたり
  • 色身を変えてみたり

 

写真が苦手な人にとっては、ありがたい機能がたくさんあります。

 

とはいえ、元の写真のクオリティが低ければ加工する範囲も狭くなってしまいます。

 

いくら頑張っても、それなりの写真にしかなりません。

 

しかし、あなたは、もっとかっこいい写真を撮って、さらに、ワンランク上の写真をUPして、

 

「なんかあの人オシャレだよね~♪」

 

「こんなセンスのいい写真を撮るんだからきっと本人もオシャレなんだろうな」

 

というふうに言われたいですよね?笑

私もそんな風に思われたかったです。笑

 

そんなあなたに知っておいてほしいテクニックをご紹介します。

 

写真を加工する前にやっておくべきテクニック

 

ズバリ!!そんなあなたが写真を撮る時に、意識してほしいのが、

 

「光」です!

 

光をどう扱うかで、写真の見え方が全然変わってきます!

 

事実、人間の目って、光の具合を脳で常に補正しているんですね。

 

だから、よっぽど、よく写真を見ないと、光の違和感に気づきにくくなっています。

 

撮った写真を後から明るくするにも限界があります。

 

なので、まず、光の調節で失敗しないためにも、

 

室内でとる場合は、撮りたいもの(被写体)に対して、光を当てる。

 

屋外であれば、撮り方もの(被写体)の全体が明るく見えるように注意して撮りましょう。

 

順光で写真を撮る

 

「順光」というのは、

 

「被写体に対して前方から光を当てた状態」

 

を順光といいます。

 

基本的に写真はこの光の方向で撮ることを覚えておきましょう!!

 

 

まずは、写真を撮るときは、光は前方から!!

 

写真を撮るときは、光は前方から!!

 

写真を撮るときは、光は前方から!!

 

大切なことなので、3回言いました!

 

それぐらい大事です!

 

今回はこれだけを覚えてほしいです!

 

そして、これから写真を撮るときに、細かく光の方向を意識してください。

 

「どの方法から光がきているのか?」

 

もし、光を自由自在にコントロールすることができれば、

 

あなたの写真は完全に見違える写真に生まれ変わります。

 

プロと素人の差は、こういう細かいところにあります。

 

まずは、光を意識すること!!

 

かなり重要なことなので手帳にメモしておいてくださいね!

 

これだけであなたの写真がワンランク上にあがりますよ。

 

 


 

【無料】スマホでも

プロ顔負けの写真が撮れるようになる方法!!


は、スマホ一台で
一眼レフで撮影したような
プロ顔負けの写真が撮影できてしまう
ことを
ご存知でしょうか??

写真の知識がゼロの主婦から
ガラケーしか触ったことがない
機械音痴の61歳
の受講生が

周りから賞賛の嵐が殺到するほどの
感動的な写真
が撮れるようになった

マル秘撮影術
今だけ完全無料公開!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
カメラマン つぅ
都築加奈恵(つづき かなえ)1983年大阪府生まれ。 カメラマン 元実業団のソフトボール選手。 主婦、OL、女性起業家、、など 「全ての女性をシンデレラストーリーに導くカメラマン」として、 プロフィール写真やヌード撮影、七五三撮影・セミナー・イベント撮影などポートレート中心の撮影を行う。
詳しいプロフィールはこちら

コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Copyright© カメラマン つぅ , 2018 All Rights Reserved.