カメラで遊ぼう!スマホ・iPhone写真でもプロ顔負けの写真が撮れる!

一眼レフデビューを応援!カメラの教科書はこちら!

写真がブレる大きな原因はこれだった!!

 
 
この記事を書いている人 - WRITER -
カメラマン つぅ
都築加奈恵(つづき かなえ)1983年大阪府生まれ。 カメラマン 元実業団のソフトボール選手。 主婦、OL、女性起業家、、など 「全ての女性をシンデレラストーリーに導くカメラマン」として、 プロフィール写真やヌード撮影、七五三撮影・セミナー・イベント撮影などポートレート中心の撮影を行う。
詳しいプロフィールはこちら

どうも!

麦茶が大好き。

カメラマンのつぅです。(@tsuu61

 

さて、写真を撮っていたら、

 

  • ブレないように頑張っているのにブレる
  • せっかくいい瞬間を撮ったのにブレて台無しに・・・

 

なんてことはありませんか?

 

今回は、ブレる写真の原因と対策についてお話して行きたいと思います。

 

「ブレ」の原因を知れば、どうしてブレたのかがわかるので、改善がしやすくなりますよ!(b゚v`*)

 

ではでは、早速みていきましょう!

 

なぜ、写真がブレるのか?

 

実は、写真がブレる原因は大きく分けて2種類あります!

 

  • 被写体ブレ=被写体が動いてしまった場合
  • 手ブレ=カメラが動いてしまった場合

 

被写体ブレとは?

 

被写体自体が動いてしまって、写真がブレてしまうことです。

 

例えば、動き回る子供、犬、猫、などを撮ろうとした時に経験したことがあるかも知れませんね!

 

この場合は、被写体の動きに合わせたシャッタースピードに変えることで対応します。

 

手ブレとは?

 

カメラ自体がブレてしまった場合のことです。

 

カメラを持つ手が震えているとか、ちゃんと固定出来ていない時に起こります。

 

カメラの持ち方や構え方をしっかりマスターすることで防ぐことができます。

 

また、手持ちのカメラの場合、シャッタースピードをどれだけ下げてもブレない写真が撮れるのか把握しておくことも大事です。

 

手ブレもシャッタースピードを変えることで防ぐことが出来ます。

 

「手ブレ」しないシャッタースピードの目安

 

実は、「手ブレ」を防ぐシャッタースピードの目安があります。

 

手ブレを防ぐ限界シャッタースピード(秒)=1/レンズの焦点距離

 

例えば、85mmのカメラだと、1/85よりも速いシャッタースピードであれば、手ブレしにくいです。

 

1/100・1/200etc

 

50mmのカメラだと、1/50よりも速いシャッタースピードであれば、手ブレしにくい。

 

1/60・1/1000

 

このようにレンズによって、手ブレしにくいシャッタースピードは異なります。

 

つまり、焦点距離が長いレンズほど、ブレやすくなるということです。

 

ただ、この通りに行かないこともあると思うので、だいたい1/200ぐらいのシャッタースピードで撮れるようにしておくのがオススメです。

 

ブレる時の対処法

 

基本の姿勢を見直す

 

カメラの構え方や持ち方が不安定だと、写真がブレやすくなります。

 

自分がどんな撮影姿勢でいるのか?

 

鏡の前などで立ち姿を確認してみてください。

 

特に、撮ることに夢中になっている時の姿勢は、腰を痛めてしまいそうな体勢で撮っている人も多いです。

 

夢中になって集中している時だからこそ、力を抜いていい姿勢で写真を撮れるようになりたいですよね!

 

カメラの構え方

 

まず、背中は猫背にならないように背筋を伸ばして立ちます。

 

足は肩幅、もしくは、前後に軽く開いてください。

 

そして、両脇は軽く締めます。

 

肘が体側に軽く触れる程度で大丈夫です。

 

たまに脇を大きく開けて写真を撮る人がいますが、脇は基本締めます。

 

左手でカメラを下から支えます。

 

この時も、がっちりカメラを持つのではなく、点で軽く支える感じ。

 

右手で、シャッターボタンに手をかけて持ちますが、この時も、カメラを掴むように持ちません。

 

手の中で支える感じで軽く持ちましょう。

 

力が入っているといい瞬間に写真をとることが難しくなります。

 

できるだけ力を入れずに軽く持つことを心がけましょう!

 

 

肘をたてて、カメラを固定する

 

寝転んで撮影する時やテーブルの上などで使える撮り方です。

 

何も固定していない状態で撮るよりも、動ける範囲は限られますが、そのぶんブレにくくなります。

 

撮影現場で何か使える方法はないか考えるのも大事なことです。

 

 

壁に寄りかかる

 

これも、セミナー会場などでよくやる写真の撮り方です。

 

自分自身を壁に寄りかかって固定することで安定したカメラワークが実現します。

 

見た目はあんまりよくないかもしれませんが、結構使える方法です。

 

カメラを固定する

 

カメラを安定している場所に置いて撮る。

 

ちょうどいい高さのテーブルや棚など、使えそうなものは使って撮るのがGOOD!

 

人間が撮るよりも、安定した場所に固定して写真を撮った方がブレる確率は確実に低くなります。

 

夜景などのくらい場面での写真撮影は、三脚を使うか、三脚が使えない場合は、どこか置いて固定できるところはないか探すのがベストですね!

 

 

まとめ・・・

 

ブレない写真を撮るためには、

 

  • シャッタースピードに気をつける。
  • カメラをしっかり固定する。

 

ということが大事です。

 

今回お伝えした方法を試して見ながら、自分の技術を高めて行きましょう!

 

あとは、練習あるのみです!

 

シャッタースピードを変えてみたり、カメラをもつ姿勢を考えてみたり、そうすることで、自分なりの撮影スタイルを確立することができますよ!

 

【無料】スマホでも

プロ顔負けの写真が撮れるようになる方法!!


は、スマホ一台で
一眼レフで撮影したような
プロ顔負けの写真が撮影できてしまう
ことを
ご存知でしょうか??

写真の知識がゼロの主婦から
ガラケーしか触ったことがない
機械音痴の61歳
の受講生が

周りから賞賛の嵐が殺到するほどの
感動的な写真
が撮れるようになった

マル秘撮影術
今だけ完全無料公開!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
カメラマン つぅ
都築加奈恵(つづき かなえ)1983年大阪府生まれ。 カメラマン 元実業団のソフトボール選手。 主婦、OL、女性起業家、、など 「全ての女性をシンデレラストーリーに導くカメラマン」として、 プロフィール写真やヌード撮影、七五三撮影・セミナー・イベント撮影などポートレート中心の撮影を行う。
詳しいプロフィールはこちら

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© プロフィール写真家 つぅ  , 2018 All Rights Reserved.