カメラで遊ぼう!スマホ・iPhone写真でもプロ顔負けの写真が撮れる!

スマホでもプロ顔負けの写真が撮れる方法!

写真写りが悪い 写真に写るのが苦手 カメラを向けられるのが嫌 そんなあなたへ・・・

 
  2018/06/17
 
この記事を書いている人 - WRITER -
カメラマン つぅ
都築加奈恵(つづき かなえ)1983年大阪府生まれ。 カメラマン 元実業団のソフトボール選手。 主婦、OL、女性起業家、、など 「全ての女性をシンデレラストーリーに導くカメラマン」として、 プロフィール写真やヌード撮影、七五三撮影・セミナー・イベント撮影などポートレート中心の撮影を行う。
詳しいプロフィールはこちら

どうも。カメラマンのつぅです。

 

写真を撮るのは、好きだけど、撮られるのは苦手って人多いですよね。

 

  • 写真写りが悪い
  • 写真の自分の顔が嫌い
  • カメラを向けられるのが嫌

などなど

 

実は、私も昔はカメラを向けられるのが嫌いでした。笑

 

カメラの学校では、お互いに写真を撮る練習をします。

 

最初のころは嫌すぎて、カメラからダッシュで逃げていました。笑

 

そんな私も、だんだんカメラを向けられることに慣れていきました。

 

撮られた写真を見て「いい写真」だとテンションが上がるので、いつの間にか好きになっていったんです。

 

カメラを向けられても無理に笑わなくていい

 

あんなに嫌いだったのに、なんで今は好きなんだろう?って考えてみたら、昔は、カメラを向けられたら、それに答えなきゃいけない!と思っていたみたいです。

 

ピースしたり、ニコっとしたり、そうやって顔を作らないと!って勝手に思ってたから、しんどかったんです。

 

それをしたくないがために逃げていたんですよね。

 

でも、だんだん、逃げるのも面倒になり、カメラを向けられても無表情。

 

特にリアクションしなくなりました。

 

そしたら、撮る方は、その姿を撮りたいと思ってカメラを向けたので、それでOK。

 

別にわざわざこっちが気を使って、ピースとかしなくていいんですよね。笑

 

スマホいじってるならそのままでいいし、なーーーんもしなくていいことに気が付いて、カメラを気にしなくなりました。

 

なので、「カメラを向けられると嫌」って人は、無意識にそれに「答えなきゃ!」って、やさし〜〜い心の持ち主なのかもしれません。

 

実は、毎回それに答えなくても大丈夫みたいです。笑

 

私も撮る側に回ってはじめてわかりました。

写真の顔は鏡の顔とちがう

 

写真写りが悪くて、自分の写真が嫌いって人は、ただ単に自分の顔を見慣れていないだけ。

 

いつも見ている顔は鏡の中の顔

 

鏡の中の顔は左右反転なんですよね。

 

それが「自分」だと思ってるんですが、他人が見てるのは、鏡の顔ではない顔。

 

試しに一度、カメラアプリで、間ミラー】ってのがあるので、ダウンロードして「人から見た顔」の設定で、自分の顔を見てください。

 

見た瞬間「ゲっ!!!」ってなりますから。wwww

 

「なんかいつもの自分とちがう!」って違和感がすごいです。

 

これ本当に騙されたと思って、一回試して見てください。面白いですよ!

 

それぐらい、いつも自分が見てる顔(鏡の顔)と写真の顔ってちがうんですよね。

 

まぁ、ただの脳の違和感なんですけど。

 

でも、これ見慣れていけば、だんだん違和感がなくなります。

 

不思議ですよね〜。昔はあんなに拒否してたのに、今は全然ふつーですからね。

 

写真写りが悪いのはカメラマンのせい←笑

 

いや、これほんとそうですよ。

 

写真写りが悪いのは、カメラマンの腕がないからですね。

 

たまたま、これまで写真を撮ってくれた人たちがうまく撮れなかったんです!←ほとんどの写真は素人さんですよね。

 

「写真写りが悪い」って思い込んでしまったかもしれないけど、たまたまなんで、気にすることないです。

 

私なら確実に可愛く・かっこよく撮ることができるので、一度撮影されにきてください。

 

 

これまでの写真を撮ってくれた人が、たまたま下手だったんです!なので、悪い方に思い込むのはやめましょう!

 

あなたの写真写りが悪いのではありません!

もっと自分に自信持って大丈夫!

 

基本的に、自分を否定していると、なんでもかんでもダメに見えます。

 

まずは、自分が可愛く写る角度を探してみたり、自分のいいことろに目を向けて見ましょう。

 

自分のいいところを見つけることができれば、自分のことを認めることができます。

 

自分のことを自分が否定していたら、他人も同じようにあなたのことを否定してきます。

 

他人に認められようと頑張る前に、自分が自分を認めることから始めましょう。

 

すると、「写真写りが悪いなぁ」って思っていた写真が「これはこれで可愛いな」って前向きに思えてきます。

 

自分を否定しようと思えばいくらでも否定できます。

 

逆に、自分のいいところを見ようと思えばいくらでもそうできます。

 

友達にいいところを褒めてもらう

 

一番いいのは、自分で自分のいいところを探すことですが、なかなか自分一人で前向きに考えられないという人もいると思います。

 

そんな人は、私に相談してください。LINE@に登録して質問してね♪

 

もしくは、身近な友達や親に、「私のいいところを教えて!」と頼んで聞いてみましょう。

 

自分では気づいていない、自分のいいところを発見するきっかけになるでしょう。

 

いいところを褒めてもらったら、「ありがとう」ときちんと受け止めましょう。

 

「そんなことない」と言ってせっかくの言葉を否定しないように。

 

まずは、自分を愛することが大事。人を愛するのはそのあとからで十分間に合います。


 

【無料】スマホでも

プロ顔負けの写真が撮れるようになる方法!!


は、スマホ一台で
一眼レフで撮影したような
プロ顔負けの写真が撮影できてしまう
ことを
ご存知でしょうか??

写真の知識がゼロの主婦から
ガラケーしか触ったことがない
機械音痴の61歳
の受講生が

周りから賞賛の嵐が殺到するほどの
感動的な写真
が撮れるようになった

マル秘撮影術
今だけ完全無料公開!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
カメラマン つぅ
都築加奈恵(つづき かなえ)1983年大阪府生まれ。 カメラマン 元実業団のソフトボール選手。 主婦、OL、女性起業家、、など 「全ての女性をシンデレラストーリーに導くカメラマン」として、 プロフィール写真やヌード撮影、七五三撮影・セミナー・イベント撮影などポートレート中心の撮影を行う。
詳しいプロフィールはこちら

コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Copyright© カメラマン つぅ , 2018 All Rights Reserved.