カメラで遊ぼう!スマホ・iPhone写真でもプロ顔負けの写真が撮れる!

スマホでもプロ顔負けの写真が撮れる方法!

知らないと大損!?見た目の良さが一瞬で10倍になるiPhoneカメラ設定

 
  2018/06/02
 
この記事を書いている人 - WRITER -
カメラマン つぅ
都築加奈恵(つづき かなえ)1983年大阪府生まれ。 カメラマン 元実業団のソフトボール選手。 主婦、OL、女性起業家、、など 「全ての女性をシンデレラストーリーに導くカメラマン」として、 プロフィール写真やヌード撮影、七五三撮影・セミナー・イベント撮影などポートレート中心の撮影を行う。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。カメラマンのつぅです。

さて、今回は、知らないと大損!?見た目の良さが一瞬で10倍になるiPhoneカメラ設定をお伝えします。

本当に、「え?これだけ?」ってことなんですが、知ってるのと知らないのとではかなり写真の出来栄えに差が出て来ますので、この記事に出会ったのも何かの縁です!必ず設定してくださいね〜〜♪( •̀ .̫ •́ )✧

 

カメラの中に「グリッド」を表示させる

 

たった、これだけで、写真の見栄えがワンランクアップします。

 

なぜかというと、これからお伝えする内容は、野球でいうキャッチボールみたいなものだからです。

 

キャッチボールができないと、守備ができません。キャッチボールがままならないままノックを受けてもうまくなりません。

 

まずは、なんでも基本が大事!!写真でいうキャッチボールが、「グリッド」です。

 

 

この画面の中にある縦横の線のことを「グリッド」と呼びます。

 

このグリッドに合わせて、実際の景色を撮るときれいに撮れます。

 

(グリッドの出し方については、カメラの設定からできます。もっと詳しい説明は、こちらで解説していますので(動画あり)必要な方は、登録してくださいね。

 

たったこれだけで、今までよりも写真が撮りやすくなりますし、写真の出来栄えも良くなります。

 

目安があるのとないのとでは、やはり違いますよね。ヽ(・∀・)ノ

 

私も必ずグリッドを意識して写真を撮っています。それもかなりミリ単位で気にしてます。

 

グリッドなしで写真を撮るとどうなるか

 

目安となるものがないので、水平・垂直がかなり曖昧になってしまいます。

 

写真をスッキリ見せるためには、水平・垂直をきちんと撮らないといけません。たったそれだけで、全く同じ写真でも印象が変わります。

 

ちょっとしたことなのに、「なんかいまいち・・・(・∀・)」と思われてしまうのって、もったいない!!

 

私は、「チリも積もれば山となる」って言葉があるように、写真って、細かいことの積み重ねだと思うんですよね。

 

「えーそんなところまで気にするの??」みたいな人が結局は、「いい写真」を撮ると思っています。

 

だから、写真には必ずグリット(目安となるもの)が必要です。

 

グリッドは「構図」を撮る時にもかなり役に立つ

 

写真のバランスを考える時に、何にもないよりも、画面に「グリッド」がある方が楽に写真が撮れる話はしましたが、特に、構図を考える時にも役に立ちます。

 

写真には、誰がみても「キレイだな〜」と思うような構図があります。その構図を作る時にもかなり役に立ちます。

(実際の色々な構図についても無料プレゼントの方で解説していますので、登録してみてね♪)

 

構図を使いこなすことができると、本当にいろんな写真が撮れるようになります!

 

基礎がわかれば、応用ができるのと同じ原理です。

 

「なぜ、それが美しいと感じるのか?」がわかれば、必ずそれを応用して、独自の写真を編み出すことができます。

 

写真って一応、「こうするとキレイ」ってものはあるけど、「そうしないといけない」ってものはありません。

 

どこまでも自由です。ですが、基礎があってこそ、魅せる写真を撮ることが出来ます。

 

グリッドを利用して、頭をフル回転させて面白い写真を撮って行きましょう♪

 

グリッドがあれば写真のバランスが良くなる

 

漠然と写真を撮るよりも、全体のバランスを自然と意識するようになるので、ミスショットが格段に減ります。

 

そして、グリッドがない時には気づかなかったであろう、ミスに気づくようになります。

 

これがかなり写真の上達に必要なことです。

 

自分で、「何が失敗だったんだろう?」と考えることと、「じゃあ次はどうしてみよう!」という二つを考える時に、グリッドがあると、役に立ちます。

 

グリッドが目安になり、自分のミスショットに気付きやすいからです。

 

自分のミスに気づくようになれば、改善できる。すると上手くなるスピードも格段に上がります。

 

自分で気づかないうちに、理解できるようになり自然と技術が身についている状態です。

 

まとめ

 

美しさって必ず存在します。どこにでも。でも、誰でもそれに気づくわけではないんですよね。

 

そこに気づいて、上手く切り取る。これができるとすごく楽しいし、自分の喜びでもあります。

 

そんな風になるためには、基本がやっぱり大事なんですね。

 

「カメラの画面に線が入ってるなんてダサい・・・」なんて言わずに、やってみてくださいね!

 

最初は、邪魔に感じるかもしれませんが、そのうちないと困るものになっていると思いますよん♪

 

これであなたの写真も見違えるほど上手くなるはずです!!楽しんでチャレンジしてみてください!ヽ(・∀・)ノ


 

【無料】スマホでも

プロ顔負けの写真が撮れるようになる方法!!


は、スマホ一台で
一眼レフで撮影したような
プロ顔負けの写真が撮影できてしまう
ことを
ご存知でしょうか??

写真の知識がゼロの主婦から
ガラケーしか触ったことがない
機械音痴の61歳
の受講生が

周りから賞賛の嵐が殺到するほどの
感動的な写真
が撮れるようになった

マル秘撮影術
今だけ完全無料公開!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
カメラマン つぅ
都築加奈恵(つづき かなえ)1983年大阪府生まれ。 カメラマン 元実業団のソフトボール選手。 主婦、OL、女性起業家、、など 「全ての女性をシンデレラストーリーに導くカメラマン」として、 プロフィール写真やヌード撮影、七五三撮影・セミナー・イベント撮影などポートレート中心の撮影を行う。
詳しいプロフィールはこちら

コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Copyright© カメラマン つぅ , 2018 All Rights Reserved.