カメラで遊ぼう!スマホ・iPhone写真でもプロ顔負けの写真が撮れる!

一眼レフデビューを応援!カメラの教科書はこちら!

自分の好きなことを仕事にしたい!とカメラマンとしてのスキルも実績も0で起業した私が、軌道に乗せるためにやった10の事

 
  2018/08/04
 
この記事を書いている人 - WRITER -
カメラマン つぅ
都築加奈恵(つづき かなえ)1983年大阪府生まれ。 カメラマン 元実業団のソフトボール選手。 主婦、OL、女性起業家、、など 「全ての女性をシンデレラストーリーに導くカメラマン」として、 プロフィール写真やヌード撮影、七五三撮影・セミナー・イベント撮影などポートレート中心の撮影を行う。
詳しいプロフィールはこちら

 

どうも~~♪カメラマンのつぅです。

実は、前から気になっていた部屋の模様替えを一気にして、空気を入れ替えました!!

いや~やっぱり、「なんかこの部屋の感じ嫌やな~」って思ってたことって行動に移してあげたほうがいいですね!

パソコン環境もキレイに片づけてやる気が俄然UP!!!

ほっておくとどんどん資料とかなんやらでデスク周りが汚くなってパソコンの中身も重くなっていくんですよね・・・

PCに溜まっているデータもたくさん片づけて、サクサク動く環境に変化!!

これから、さらに仕事がはかどりそうです!!

さて、今回は、ある方と話していてこんな話になりました。

私もカメラマンになりたいんですけど、特に実績もないし、どうしたらなれるんですかね??

私は、基本的に、何も考えずに行動するタイプなので、後先考えずに、というか、もう何か自分を変えたくて、カメラマンとしてやっていく決意をしました。

が、おかげさまで、今は、いろんな場所で、カメラマンとして活動することが出来ています。

ということで、今回はそんなことを振り返ってみて、お話をします。

本当にカメラマンとして起業するために実績・スキル・人脈が必要か??

これはNOです。誰でも出来ます。

カメラマンになるために必要な知識も、実績も、スキルも何も必要ありません。

ただ、「私はカメラマンです」って言えば誰でもなれてしまうんですね。

開業届を出してしまえば、もう完了です。

そう、起業するのは簡単。だけど、ちゃんとやっていけるかっている不安なんですよね。そうですよね。

私も、開業するときは、怖くて怖くて、仕方なかったです。

でも、なんにもない状態から起業したアホがどんな風にしてカメラマンとして活動していったのか、参考程度に読んでみてください。

1つ目、とにかくSNSで発信する

自分が撮った写真をとにかく「誰か」に見てもらいましょう!

当時の私が力を入れていたのは、フェイスブックのみ!

フェイスブックに自分が撮った写真を載せて、とにかくみんなに見てもらっていました。

ツイッターもインスタもその時はまだ、なんもやってなかったです。

アメブロも更新はしてましたけど、全然集客できていませんでした。

書いても書いても、なんの反応もない。アクセスもない・・・そんな状態が続くとやる気も起きないし、「本当にこんなことやって意味あるのかな??」ってめっちゃ思いますよね。私も思いました。

「こんなにやってるのに、なんでうまくいかないんじゃ~~!」って思いながらも、心の片隅には、でもなんかやらねばとブログフェイスブックでは、発信は続けました。

が、集客0の日が続きます・・・

リアルで友達の写真を無料で撮らせてもらう

そもそも、ある程度、カメラ業界にいたとか、なんかそういう系の仕事をしていたなら、人脈とかコネとかあるのかもしれませんが、私の場合まっっっったく、なんのコネもありません。

それでよくカメラマンになろうとしたなって今でも思うんですけど、まぁ、考えずに行動するアホなんで、仕方ないですね。笑

そこで、最初に、無料でサロン風景の写真とかプロフィール写真を撮らせてもらいました。

とにかく、室内で撮る経験とか屋外で撮る経験を積まないと!と思っていたので、友達にお願いして写真を撮らせてもらいました。

ここで、実際に、シャッタースピードがコントロールできていなくて、ブレた写真を量産したり、ピントがうまくあってなくてボケた写真を撮っていたりと、かなり練習になりました。

SNSで発信するからこそ撮る技術があがる

私の場合、ただ撮るだけなら自分で完結してしまうので、どんな写真を撮ろうとも、関係ない感じがしたんですが、撮った写真をSNSで発信してみてもらうってなると、「やっぱりちゃんとした写真を撮らないと!」と気合の入り方が違いましたね。

  • 誰かに見てもらう写真を撮る
  • どうせなら「すごい」と思ってもらえるような写真が撮りたい!

そんな感じで、工夫して写真を撮ってはフェイスブックにアップし続けました。

そうすると、だんだんみんなに覚えてもらえるんですよね。

「最近、つぅさん写真撮りはじめたんだなぁ」って。

そんな風に認識してもらえるように必ずなるので、撮ってみんなに「カメラをやってるよ!ってアピールしていきましょう!」

SNSで評価してもらうためにはあなたの価値を高めること

あなたの写真に価値を感じてもらわないと、もちろん誰も仕事を頼んでくれません。

何かしらの価値を感じてもらって、それを提供して、それに対して報酬をもらうことがビジネスです。

その価値が低ければお金はもらえません。

だから、まずは、自分の写真の価値を高めること。そのためにたくさん撮って、自分の作品を作り上げて、「いいな」って思ってもらうことが大切です。

他の誰にも撮らないあなただけの写真(作品)をまずは創り上げていきましょう!

2つ目。写真をただ撮るだけじゃなくて、見せ方を考える

実は、この2つ目の見せ方を考えるってめちゃくちゃ大事です。

あなたが、どんなにすごい写真を撮れたとしても、「見せ方」がイマイチだと、全然人に伝わりません・・・泣

人に伝わらないともちろん、仕事にもつながりませんよね・・・

では、人への「見せ方」なんですが、よくビジネスの世界では、

  • 自分がどんなカメラマンなのか?(専門性7割)
  • 自分がどんな人間なのか?(人間性3割)

この7割3割の関係で発信すると、人に伝わりやすくなると言われています。

私の失敗例ですが・・・

最初は、カメラと心理学の融合で、カメラを使って人の心癒すってことをしたかったんですね。←(今もこのスタンスは変わらないんですが、この話はちょっと置いといて)

だけど、一般の人になかなか写真と心の関係ってピンと来ないと思うんですよね。

当時は、自分の経験だけで、そのことを発信しようとしていたので、全然人が集まらなかったんだと思います。

なので、自分が発信したいことと、人が知りたいことのすり合わせから始めることがすごく大事です。

 

なので、上の図で表したように、自分が言いたいことと、人が知りたいことがうまくマッチした部分(紫の部分)を発信していくことで人に読まれる記事が完成していきます。ここがうまくないとなかなか人に振り向いてもらえません・・・泣

ここに気づいたので、とりあえず、カメラと心の関係を全面に押し出すことはやめて、カメラ初心者の方が知りたいことを発信する方向に変えていきました。

見せ方を工夫していくと、見てほしいように見てもらえるようになる。

フェイスブックの記事やブログを読んでいる人からも、「この人はカメラマンなんだな。写真に詳しいんだなぁ」って思ってもらえるようになります。

これが見せ方の効果です!!見せ方を工夫して、知ってもらえるようになれば、自分が言いたいこともすんなり受け入れてもらいやすくなります。

すでにカメラの知識がある人だとわかってもらってるから。

そしたら、次のステップで、自分の言いたいこともどんどん発信していけばいいのです。

まずは、「自分がなんの専門家なのか?どれぐらいの知識があって、どんなことが提供できるのか?」試されている気持ちで、頑張ってアピールしていきましょう!

自分の人間性も見てもらう

これからの時代ここがめちゃくちゃ重要になっていきます。

なぜなら、もう世の中にカメラマンなんてたくさんいるし、カメラの性能もめちゃくちゃよくなってきてるので、できることに「差」ってそんなにないと思うんですよね。

ということは、最後の決め手は「この人から学びたい!」「この人に撮ってもらいたい!」だと思うんですよね。

なので、「あなた」の「考え方」とか「人間性」とか「信念」とかそういうものを見せていくことでよりあなたに共感して親しみを持ってもらえます。

2つ目をまとめると

  • あなたの言いたいことと人が知りたいことがマッチしている部分を発信して「専門性をアピールする」
  • あなた自身の人となりを書いて、「あなた自身をアピール」

これが集客になります。

発信を続けていくと、あなた自身の写真のスキルはあがりますし、伝える技術もUPし続けていきます。

インプットばかりだと自己満足で終わってしまうし、その時だけの知識になってしまいがちですが、アウトプットをすることで、自分の中で知識が整理されるので、とってもオススメです。そして、それが人の役に立ってるって嬉しいですよね!

カメラマンだけに限ったことではなく、ビジネスをやる上で「集客」は命です。集客さえできればどんなビジネスでも成功できます。

なので、最初は、難しく感じるかもしれませんが、あきらめずコツコツ自分のためにも人のためにもなる発信を続けいきましょう!

 

3.SNSで積極的に交流する

凡人はやっぱり凡人ですので、最初から誰も見てくれません。いくらブログを書いても、誰も見てくれないので、自分で自分のことをアピールするしかないんですよね。

なので、こちらから何かしらのアクションを取る必要があります。

「なんか迷惑じゃないかな?」とか「嫌われたらどうしよう」とかいろんなネガティブなことを考えてしまって、なかなかこちらからアクションを起こすことが苦手な人も多いかと思うんですが、そこを乗り越えないと、なかなか人に知ってもらうって難しいんですよね。

でも、逆を考えると、人から声を変えてもらうと嬉しかったりしますよね。

なので、もちろん、中には嫌がる人もいるかもしれませんが、喜んでお友達になってくれる人もいると思います。

ずっと待っているよりも、自分からアピールするほうが早く成果が出せますよ!

4.勇気をもって、撮影会を実施!

実績なんて、なんもない私が、写真を撮り始めて、3か月目ぐらいのころに、有料で撮影会を開催しました!

そのころは、まだ、なんの実績もない状態でしたが、とにかく有料で写真を撮ることに慣れるというか実践しないとダメだと思っていたので、少額でもお金をもらって撮影する経験をしようと思って開催しました。

 

最初の撮影会はブログからの申込者一人だけでした。

募集開始してから、ずいぶんドキドキしていましたが、一人でも参加してくれた人がいたことで、めちゃくちゃ嬉しかったことを覚えています。

実績がないなら自分で作ればいい!!

 

そうなんです。凡人は最初から実績なんてありません。どこかからいきなりこれは立派な実績になるな!と思うような仕事が舞い込んでくることもありません。

なにもないんです。だから、自分で行動して作ればいいんです!これは実績と言えるだろう!と思うようなイベントを企画してみたり、自ら何かに応募してみたり!考えらえることはいくらでもあります!小さな成功体験が自分の自信につながっていきます!

何もないなら作ればいい!!最初はだれでも0からです。みんな一緒!今から遅いとか早いとかなんもない!人生今日が一番若いのです!

自分が好きな未来をクリエイションしていきましょう!

5.リアルでの交流もめっちゃ大事!

私はもともと、人と仲良くするの苦手なんで、人に合わせるのが疲れるんですよね。

だから、なるべく知らない人には会いたくないって感じだったんですが、ふと「行ってみよう!」と思った交流会い参加してみたんです。

そしたら、そこから、一気に仕事がばぁぁああぁあぁぁーーーーって広がっていきました。汗

どんどん紹介や知り合いが増えていって、セミナー撮影やイベント撮影の仕事も舞い込んできました。

リアルも大事ですよね。会うことの威力って半端ないですね。合えばその人の人となりがすぐに伝わるので、仕事に結びつきやすいのかもしれません。

逆に、たまにSNSの発信はすごくいい感じなのに、実際に会うと、「ん??」って人もいます。

文章は正直、テクニックでなんとかなったりしますけど、リアルはごまかせないですからね。

今は特にそういう時代なのかもしれません。

6.人からのメッセージにはキチンと誠心誠意対応する

発信をしていると、申し込み以外にも、問い合わせのメールやコメントなどいろいろ来ると思います。

その一つ一つに丁寧に対応しましょう。自分がされて嫌なことは相手にもしないことです。

あくまでも100%正解の回答とかコメント返しなんてないですから、自分が気持ちよく対応することが一番大切です。

ようは、雑に適当に扱わないということです。そんな風にしているといつか自分が雑に適当に扱われてしまいますよ。

7.とにかく、インプットとアウトプットを繰り返して自分の提供できるものの価値を高める

あなたがやりたいカメラマンとしての仕事ってなんですか?

「写真を撮ること?」「写真を教えること?」「料理の写真を撮ること?」など、細かくみていくとたくさんあると思います。

その中で自分がやりたいことに対しては、その道のプロフェッショナルになれるように毎日ずっと勉強していきましょう!

というか、そんなこと言われなくてもついつい調べてしまう、勉強してしまうようなことがいいですね!

自分が好きなことだと勉強も勉強ではなくなるし、好きなことをしているときはとっても楽しいと思います。

そうやって楽しく学んだことを、まだそれを知らない人に伝えていく。

そうするとどんどん人からも感謝されてお客さんも自然と増えていきます。

つい最近も、プロフィール写真撮影を体験したお母さんから、「子供たちの撮影もお願いしたい!」ってことで「七五三」の撮影の依頼を受けたり、することもあります。自分の技術に満足してあぐらをかいているようじゃこんなことは起きなかったでしょう。

8.自分の売り出し方は「競合調査」と「真似」から

ほとんどの人は自分ができることで、売り出しはじめます。まさに私もそうでした。

世の中の流れがどうなっているとかどんな他社はどんなことをしているのか?とかまったく何も考えずにスタートしました。

どうりで失敗するわけです。あなたにはそんな遠回りをしてほしくないので、じっくり読んでほしいのですが、

  • 今の日本の現状を知る
  • カメラ業界がどんな状態なのか知る
  • 一眼レフをもっている人がどれぐらいいて、持っている人はなぜもっているのか?
  • 持っていない人はなぜ、持たないのか?
  • 人はカメラに何を求めているのか?
  • 同業他社は何を売り出しているのか?
  • どんな商品やサービスがあるのか?

など・・・

リサーチするところがいっぱいあります。

そうして、いっぱいリサーチして、自分がやりたいことが

  • ブルーオーシャンなのか?
  • レッドオーシャンなのか?

見極めたり、どこをつけば自分のビジネスを確立することができるのか?そんなことを徹底的に洗い出すことです。

うまくいっている会社にはうまくいっている理由があります。

逆にうまくいかないにも原因があります。

たくさんリサーチしているとだんだん目が肥えてくるので、自分に何が足りないのか見えてきますよ!

ここは根気がいりますので、しっかり頑張って!普通ここまで誰もしないので、やれば頭一つ抜き出すことができます!

9.自ら行動するしかない!

起業してから自分で考えること、自分で動くこと、自分でやること、そんなことばかりが増えていきました。

何もかもが自分次第。自分しかいないのです。会社員時代は、上から与えられた仕事をすればそれで給料がもらえました。

当時はめんどくさくて嫌だなって思って嫌々やっていたけど、今はなんて楽な仕事だったんだろうって思います。

今は全部自分で考えて自分の責任でやらないといけません。仕事が軌道に乗るまでは正直大変です。失敗失敗また失敗。

だんだん笑えてきます。本当に見事に失敗するんですから!!

頑張ったからって結果は出ません。正直やってもやってもまだこんなものかよ?って怒りだしたくなるぐらいです。甘くはないと思います。

でも、誰に指図されることもなく、自分がやった分だけの結果を自分で手に入れることができます。

直接感謝してもらえる

会社員時代では味わえない感覚が、「私がやったことに対する報酬」であったり、「感謝の言葉」をいただくことです。

何者でもない私が、初めて自分がすることで「ありがとう」って言われたとき、本当にそれまでの苦労が報われた気持ちになりました。

本当にそれが聞きたくて、そんな感情が味わいたくて、ずっとカメラマンやってるのかもしれませんね。

カメラマンになりたい人はぜひ、この感動を味わってもらいたいです。

10.自分を信じて絶対成功するんだ!という気持ちを忘れずに!

会社員でも大変なことはあるし、起業しても大変なことはあります。

じゃあ、自分の人生どうやって生きていきたいか?お金のために会社で働き続けるのか?自分のために自分の人生の時間を使うのか?

全部自分で選ぶことができます。だったら、私は自分のために自分の人生の時間を使いたい!

そして、自分の人生を楽しむためにも、自分ができることで誰かを幸せにできたらいいなって思っています。

自分に何ができるのか?そんなことを考えて行動していれば必ず結果は伴ってきますよ!

最後は、ぜったいに諦めない気持ちがあれば成功できます!失敗してもまた立ち上がって、挑戦しましょう!

まとめ

以上の10項目をやりこんでもらえると、あなたもカメラマンとして活動できると思いますよ!

あとはやるかやらないか!それだけです!

そして、あなたならできる!

頑張っていきましょう^^


 

【無料】スマホでも

プロ顔負けの写真が撮れるようになる方法!!


は、スマホ一台で
一眼レフで撮影したような
プロ顔負けの写真が撮影できてしまう
ことを
ご存知でしょうか??

写真の知識がゼロの主婦から
ガラケーしか触ったことがない
機械音痴の61歳
の受講生が

周りから賞賛の嵐が殺到するほどの
感動的な写真
が撮れるようになった

マル秘撮影術
今だけ完全無料公開!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
カメラマン つぅ
都築加奈恵(つづき かなえ)1983年大阪府生まれ。 カメラマン 元実業団のソフトボール選手。 主婦、OL、女性起業家、、など 「全ての女性をシンデレラストーリーに導くカメラマン」として、 プロフィール写真やヌード撮影、七五三撮影・セミナー・イベント撮影などポートレート中心の撮影を行う。
詳しいプロフィールはこちら

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© プロフィール写真家 つぅ  , 2018 All Rights Reserved.